今後日本社会を支える4つの価値観を重視!

これまでの各種講演・著作等でも訴え続けている
透明
説明責
情報公
という4つの価値観を重視していきたい。

日本社会においては価値観が多様化し、昔ながらの伝統的な価値観が崩れてきています。
日本社会は、「恥の文化」と言われてきたように、事の善悪を、自分にとって、一族にとって、恥になるかどうかの判断によって行動を抑止してきた傾向があります。
価値観が多様化すること自体、悪いことだとは思いません。しかし、伝統的な価値観が崩れ、道徳倫理も薄れていき、宗教的な善悪に基づく歯止めが少ない日本社会は、まさに下り坂を転げ落ちるように劣化していきます。
その時の最低限の共通した価値観である、「公正・透明性・説明責任・情報公開」の4つが、今後の日本社会における行動指標になり得ます。今、マスコミで取り上げられる多くの事案は、4つの価値観に反する事例です。
また、事件・事故だけではなく、今後の社会的課題を考察する際にも、4つの価値観を基盤に据えることができます。

ページのトップへ戻る